6月 2017

派遣会社の選び方

Posted on 2017-06-19

家庭教師の募集を行なっている派遣会社は少なくありません。どこに登録しても条件は同じというわけにはいかないため、応募するところはよく考えたうえで決めましょう。まず、派遣会社によって違うのは時給です。最初は低めでも経験や実績などによっては高額時給に引き上げてくれるところや、スタートが高めでも先々の時給アップは期待できないところなどいろいろです。

また、人によっては副業として週に1日だけバイトをしたい、家庭教師の経験がない、4年制大学を出ていない、車がないため遠くの家庭までは指導に行けないなど、さまざまな事情があるでしょう。派遣会社によっては、応募の条件のハードルを低くしてくれているところも少なくないため、何か困った事情がある人は、自分でも登録できるようなところがないか諦めずに探してみることをおすすめします。

そのほか、とくに未経験の人はどう指導すればいいのかというのが、一番のネックなのではないでしょうか。派遣会社によってはマニュアルを配布していたり、研修を行なったりしているところがあります。また、フォロー体制が整っているところでは、専門のスタッフが指導に関する相談に乗ってくれます。家庭教師バイトの登録サイト『エントリ!』では提携している家庭教師センターで丁寧な研修を行ってくれます。また、研修専用マニュアルも用意してもらえるので未経験でも安心して始められるでしょう。指導のことで悩みたくない人は、こうした体制が充実している派遣会社を候補にするとよいでしょう。

登録完了までにすること

Posted on 2017-06-16

派遣会社に登録して家庭教師のバイトをはじめる場合には、まず家庭教師として働く人を募集している派遣会社に応募します。応募する派遣会社は一社だけでなくてもかまいません。一括登録を行なえるウェブサイトなどもありますので、うまく使いましょう。応募自体はオンラインでの応募に対応しているところが多いです。

応募完了後には、派遣会社から電話やメールなどの形で面接の連絡がくるのが普通です。指定された面接会場へ行くパターンか、いわゆる電話面接でいいパターンのいずれかになるでしょう。面接では、質疑応答だけでなく、筆記試験が行なわれる場合もあります。

面接を受けて採用が決まれば、派遣会社から電話などで通知が来て、本登録を行なうための手続きのために派遣会社の事務所まで行ったり、そこで研修を受けたりする形になります。とくに研修はなくマニュアルが渡されるだけのようなところもあります。

こうしたことを経て、派遣会社所属の家庭教師になれば、生徒が紹介されます。必ず引き受けなければいけないわけではなく、自分の希望条件に合わなければ断ってもかまいません。条件に問題がない場合には引き受けて、決まった日時に生徒の家庭にお邪魔し、指導を行なうことになります。

簡単に家庭教師になる方法

Posted on 2017-06-13

家庭教師になる主なルートは3種類あります。そのうちのひとつには、自分で直接指導を行なう家庭と契約を交わす方法です。後述する派遣会社への登録のように、契約した家庭が支払う指導料などに関し、派遣会社の取り分が発生しないため、受け取るお金は100%自分のものになります。ただ、契約を交わす家庭は自分で募集し見つけなければいけないこと、指導方法は自分で模索しなければいけないことなど、初心者には高い壁として立ちはだかるような問題が少なくありません。次に、家庭教師派遣を行なっている大学に籍を置く方法があります。生徒を自分で見つける苦労はありませんが、そもそも家庭教師の派遣を行なっている大学に在籍していなければいけないという問題があります。

そのほか、家庭教師の派遣会社に登録して、バイトをはじめる方法があります。派遣会社に応募してきた家庭が紹介されるため、自分で営業する必要がありません。指導方法も、家庭教師派遣会社によってはマニュアルや研修などがあるため、はじめての人でも及第点かそれ以上の指導を行なうことは可能です。報酬は家庭教師派遣会社の取り分があるため100%自分の取り分にすることはできませんが、1,500円以上など時給は数多く存在するアルバイトのなかでも高い部類に入ります。家庭教師未経験の人には一番おすすめです。別のページでは仕事をはじめるまでにすることや、派遣会社の選び方を解説していますので、このバイトに興味のある方はチェックしてみてください。